便利だった通信機器のハードディスクレコーダー

ハードディスクと通信との関連性は 最近はテレビやブルーレイにもハードディスクが内蔵されていますので、あえて購入する人は少なくなったかもしれませんが、少し前まではハードディスクレコーダーという便利な通信機器がありました。テレビ番組を録画しておくためのものです。ハードディスク内蔵のテレビのハードディスク部分だけを取り外したものと考えていただければ分かりやすいでしょう。使い方は簡単です。テレビと直接繋いで番組を録画することもできますし、ルータに繋ぐとそのルータに繋がっているパソコンからインターネット通信で番組を録画することも可能です。パソコンでテレビの視聴ができるようになり、こちらも不要になりつつありますが、我家ではブルーレイレコーダーを購入するまでは使っていました。
ハードディスク内蔵タイプの方が嵩張らないし便利だとは思うのですが、いくつもの機能を持ち合わせた通信機器というのは使い方が複雑になってしまうのが常です。今使っているブルーレイレコーダーも、内蔵されたハードディスクに録画した番組を見たいのになぜか入れっぱなしにしてあるブルーレイディスクの再生が始まったりとまだまだ使いこなせていないのが実情です。その点ハードディスクレコーダーはまさに映像を録画するためだけの機器なので、使い方はいたって簡単シンプルです。私はルータに繋いで使っていましたが、コンバータという機器を使えばルータから離れていても使えるそうです。今は実家の両親にあげてしまいましたが、考えてみればほとんど家にいる両親に録画機器は不要だったかもしれず、返してもらおうかと思案中です。

おすすめ情報

Copyright (C)2022ハードディスクと通信との関連性は.All rights reserved.